社畜でも楽しく生きたい奴のブログ

普段思ったこと・会社や仕事を綴る雑記ブログ

現役夜勤者が教える夜勤のメリット・デメリット【給料は?体調は?】

f:id:dais10:20190705010328j:plain

どうもdaisです。

 

みなさんは夜勤をやったことがあるだろうか?

世の中には夜働いて、朝もしくは昼間に寝ている人が結構います。

僕もその一人で、交代制勤務で昼勤・夜勤を1週間ごとに交互やっています。

30代になってだんだん夜勤がきつく感じるようになってきました。

 

そんな今回は、僕が従事している夜勤の

【メリット・デメリット】を解説していきたいと思います。

 

 

そもそも夜勤とは?

 

読んで字のごとく夜働くことです。

  • 働く時間帯:会社・職場によってさまざまですが、大体夜19時~21時に開始、翌朝5時~7時ぐらいに定時といった感じ
  • 職種:コンビニなど24時間営業の店舗、警察官、警備員、タクシードライバー、トラックの運転手、看護師、工場の作業員など 

夜勤のメリット

以下の4つが挙げられます

 

  • 給料が高い
  • 通勤が楽
  • 上司や先方がいないまたは少ないため、対人関係がめんどくさくない
  • 昼間の時間帯を有効活用できる

 

給料が高い

夜で働く最大のメリットですね。

一応給料(賃金)労働基準法で決まりがあります。

使用者は労働者に深夜業を行わせた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間賃金の計算額の2割5分(25%)以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない(労働基準法第37条3項)

 

Wikipediaより

 

上記の通り深夜に働く場合は、雇用者は労働者に対して割増賃金を支払わなければなりません。

簡単に言うと、午後10時から午前5時までの労働(深夜労働)には、

深夜割増賃金(給料)25%増しになるということ

 コンビニのバイトとかがわかりやすいと思いますが、昼と夜では自給が違います。

例 昼:1000円 夜:1250円 といった感じ。

 

割増の賃金の他にも会社や職種によっては、夜勤手当や交代制手当などもあります。

僕も夜勤手当と交代制手当をもらっており、月5万ぐらいです。割増賃金を合わせると月大体7~8万ぐらいもらってことになります。金額的には結構おいしいです。

 

通勤が楽

場所にもよりますが、主に都市部の満員電車に巻き込まれにくくなります。

 

例えば、夜に会社方面(都市部)の電車に乗ると大体空いてます。逆に、ベッドタウンや郊外方面へ行く電車は当然帰宅ラッシュになるので混んでいます。

朝帰る時も通勤ラッシュの逆方向に向かうことになるので、比較的空いてることが多くなります。

 

僕の場合も、朝東京都心部から千葉方面(23区の東端)へ帰る電車は空いており、座って眠ることができます。

しかし、寝てしまってある失敗を起こしてしまったこともあります。

それはこちら↓

www.dais10.com

 

上司や先方がいないまたは少ないため、対人関係がめんどくさくない

対人関係が嫌いな人や一人が好きっていう人結構いるんじゃないでしょうか

僕もどちらかというとその一人です。

上司や先方、お客がいなかったり少ないのは、あんまりストレスがたまらないし、むしろ精神的に楽です。

ただし、人とずっと関わっていたい人にとっては苦痛かもしれません。

 

昼間の時間帯を有効活用できる

これも大きなメリットではないでしょうか?

役所や病院、買い物に行ったりすることができます。

ただしこれも注意があって、あんまり調子乗って自分の用事に時間を使いすぎると寝る時間が無くなります。

ちなみに僕は昼間動く体力がないので、夜勤が終わったら即行帰って寝ます。

 

夜勤のデメリット

以下の2つが挙げられる

  • 体調管理が難しい
  • 不健康になる

体調管理が難しい

なんかずっと眠い感じがする。

これは僕も悩んでいることです。

 

夜勤が終わって昼眠ることになりますが、なかなか寝れないことがあります。

逆に、昼勤や休みの日に通常どおり夜に寝ようとすると眠れないということもあります。

要するに、睡眠障害・睡眠不足になりやすいということ。逆に寝てたとしても眠いことが結構あります。

個人的には昼から夜・夜から昼のシフトの変わり目が一番キツイです。

仮眠を取ればいいじゃんと思われるかもしれませんが、思うように細かく寝れません。マジで。

それでも、ちゃんと睡眠には気をつかうようにしています。 

不健康になる

風邪をひきやすくなる

僕の実体験ですが、夜勤をやっていると風邪をひきやすくなり、また治るも遅くなります。

自律神経やホルモンバランスの乱れで免疫力の低下が影響しているらしいです。

 

太ります!

人にもよりますが、昼間と同じ物、量を食べてみたらわかったのですが、夜中に食べる方が体重が1,2キロ太る傾向にありました。

これはストレスとかでちょっと食べる量が増えてしまっているからかもしれません。 

 

頭痛がする

これは人によりますが、たまに頭痛がします。

大型連休で夜勤がないときは頭痛がしないので、おそらく夜起きているのが原因だと思われます。

 

これらのデメリットを和らげたり体調管理の方法を別記事でまとめました。

 

www.dais10.com

 

まとめ

夜勤のメリット

  • 給料が高い
  • 通勤が楽
  • 上司や先方がいないまたは少ないため、対人関係がめんどくさくない
  • 昼間の時間帯を有効活用できる

お金を稼ぎたい人や人とあまり関わりたくない人におすすめな感じですね

夜勤のデメリット

  • 体調管理が難しい
  • 不健康になる

主に睡眠障害や体調面などに影響がでてきます

 

僕は夜勤を10年以上やっていますが、給料安くなってもいいから正直なところ昼勤専門に戻りたいです。

30過ぎたのでそろそろ健康に気を使わないと、将来40・50代で一気にガタ来そうなので。

お金は大事ですが、やはり健康であるのが一番なので、ほどほどに頑張りたいと思います。

 

それでは、以上!