社畜でも楽しく生きたい奴のブログ

雑記(会社や仕事、キャッシュレス、ゲーム、その他思ったことを綴る)ブログ

男3人で熱海・湯河原の旅【前編】海水浴・温泉・飯!

どうもdaisです。

 

花のない野郎3人で熱海と湯河原1泊2日の旅行に行ってきました。

 

メンバー紹介

僕(31歳)・弟(27歳)・僕の友達(31歳)

平均年齢:29.67歳(一応ギリギリ20代なので若者って言っていいよね?)

 

毎年このメンバーで海に行くのが決まりだったので、今回もいつも通り海へ行くことにした。

いつも伊豆(下田とか河津)じゃつまらないので、別の場所ということで、探した結果、「熱海・湯河原」に決定した。

 

まずざっくり日程を紹介

 

【1日目】僕の家に集合・出発→熱海(ホテルチェックイン)→湯河原で海水浴

→熱海(温泉・夕飯)→湯河原(花火を見る)→飲み物・酒とつまみの買い出し→ホテルでゲーム→就寝

 

【2日目】起床→朝飯→温泉→チェックアウト→熱海城→昼飯→帰宅

という流れ

 

まあ要約すると海水浴・温泉・観光・飯!だ。

これだけ見ると楽しそうだが、実際楽しかった!

 

30過ぎてるけど、こういう時だけガキに戻った気がするね。

 

そんなこんなでとりあえず1日目から。

 

グダグダな旅

今回はで東京葛飾区から熱海へ移動。

東京から熱海だと明らかに電車の方が早い

・東海道線で2時間弱

・踊り子号で1時間半

・新幹線で50分

で着くのだ。

なのに今回は車をチョイス。

なぜかというと、僕の友達がどうしても車を運転(ドライブ)したいから。というか、車を見せびらかしたいかららしい。

確かに、道中のドライブも何気に楽しかったりする。

くだらない話したり、音楽聞いたりして。電車だとそういうのしづらいしね。

 

やはり車移動で一番心配されるのは渋滞

しかも土曜なので、東名は高確率で混むのは予想できる。渋滞を避けるため、今回は横浜新道~西湘バイパスのルートにした。

道には詳しくないのだが、最高速度は劣るものの、渋滞は少ないらしい。

横浜まで順調だったが、カーナビがポンコツだったのか、友達の運転がダメだったのか知らないが、どうやら当初予定していたルートから外れてしまい、1時間半ぐらいロス。結構デカい!

でも、こういう予想外のトラブルも以外と思い出に残ったりするんだよね。

 

そしてなんとか西湘バイパスに入り、西湘PAに到着。

僕以外の2人が「大」をしている間に、景色がきれいだったので、撮ってみた。

f:id:dais10:20190818222530j:plain

雲一つない快晴!でもくそ暑い!

その後、海沿いの道を通り、多少渋滞はあったものの何とか熱海に到着。

かかった時間は、4時間!9時半出発で、1時半着。

やっぱもっと早く出発すればよかったと後悔。

 

今回の宿は、大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみ」

f:id:dais10:20190818223333j:plain

さっさとチェックインを済ませて、部屋に荷物を置いておこうと思ったら、どうやら部屋は3時じゃないと案内できないみたいだった。

なので、そのまま海水浴のために湯河原へ移動。

 

湯河原海水浴場へは車で10分ほど。意外と近い。

だが、ここでハプニングが発生。

駐車場がない!探してもどこもいっぱい!

探してるうちに、真鶴道路(有料道路)に入ってしまった!

案内は出ていたが、スピード出していたため、急に車線変更ができなかった。

しかも、しばらく下道に降りられない上に金300円を払う破目になり、時間も金も失うことに・・・。

 

【教訓】教国道135号と真鶴道路の分岐点は注意した方がいい

 

なんとか、下道に降りて湯河原海水浴場に戻って、近くにパチンコ屋の駐車場を発見し、そこに駐車した。

途中で、スーパーで買った飲み物や弁当を食い、いざ海へ!と思ったが、時間はなんと3時半、夕方前になっていた。

この海水浴場は6時まで営業しているので、時間いっぱいまで遊ぶことに。

 

www.town.yugawara.kanagawa.jp

湯河原海水浴場の特徴としては、

・砂浜が高架下にあるため、テントやパラソルがいらない(これが一番!)

・岩場や遊泳エリア・サーファーのエリアが分かれている

・黒砂で水質もよい(水質調査によるとAA)

・結構波が高い→自分の身長より高い波がバンバン来る

・家族向けである→なんかチャラチャラしてる奴らがいなかった

・そこまで激混みではなかった(時間帯もあるかもしれないが)

海の写真がなくて済まない・・・

初めて来ましたが、個人的にはおすすめの海水浴場でした。

 

あと、ふと思ったことがある。

飲酒して海へ入るのは禁止とかいうくせに、なぜ海の家とかで酒を売ってる?矛盾してね?

飲んでも泳がない人もいるだろうけど、酒飲んで海入る奴絶対いるよね。

 

何はともあれ海は波がいっぱいあって、楽しかったです!(日記風)

 

一通り海水浴を楽しんだあと、宿へ帰還。

部屋へ荷物を置き、まずは温泉だ!

海に入った後の温泉、最高ですね。

今日一日の疲れをシャワーで洗い落とし、温泉に浸かる。

「はあ~」「あ~」「を~」とかそういう言葉しかでなかったね。

 

温泉を満喫したあと、待ちに待った夕飯である。

f:id:dais10:20190818231808j:plain

バイキング形式で、寿司・天ぷら・ステーキ・刺身・カレー・デザート等、結構種類があった。傾向としてはやはり海の幸が多い感じ

ソフトドリンクも無料で飲み放題!

ただし、酒は有料。

子供や大人、好き嫌いが激しい人でも楽しめると思います。

 

酒に関しては僕は飲めないし、他2人も後で部屋でゆっくり晩酌がしたいとのことなので、今回は飲むよりか食べる方に集中した。

 

味の感想はうまい!

それだけだ。(単に食レポ下手なのと語彙力がないだけ)

 

そして、まだまだ夜は終わらない。

後半へ続く

 

それでは、以上!