社畜でも楽しく生きたい奴のブログ

普段思ったこと・会社や仕事を綴る雑記ブログ

公共料金のクレジットカードの切り替えはめんどくさい

f:id:dais10:20190903183027j:plain

どうもdaisです。

 

今回はタイトル通り、公共料金をクレジットカード払いの切り替え(申請や設定)は結構めんどくせー!って話です。

 

 

 

公共料金などをクレジットカード払いに切り替える申請や設定は手続きがめんどくさい!

それはなぜか?

・手続きして反映されるまで1、2ヶ月かかる(最大で3か月かかることもある)

申し込むタイミングや会社によってある程度バラつきがある。

そのため、1~3か月は前の状態のまま(カード払いにする前)がしばらく続くわけだ。

 

・会社(支払い先)によって、手続き方法が違う

これが最大の理由

  • ネットで申し込むだけで済むもの
  • ネットで必要書類を取り寄せてもらうもの
  • 電話で必要書類を取り寄せてもらうもの
  • 電話でしか対応していないもの
  • そもそもカード払いに対応していないもの

こんなにパターンが分かれている。

 

さらに細かく分けると、

  • サービスの利用者とカードの名義人は一緒じゃないとダメ
  • ネットの会員メニューを開くためにIDを設定しないといけない
  • カード払いにすると手数料がかかる
  • そもそもマイナーなカードだと支払いに対応していない

などやることや制限が多すぎるのである。

 

以上のようにこの面倒な手続きをしてでも、ほしいメリットはある。

それは、以下で解説します。 

クレジットカードで公共料金などを払うと便利だしお得

支払用紙をコンビニに行って払わなくていい

1回申し込みや申請してしまえばあとは自動でカード払い(口座引き落とし)されるので非常に楽になります。

クレジットカードのポイントが貯まりやすくなる

毎月の公共料金や保険料、家賃など固定費などを1枚のクレジットカードに集中して払えば、ポイントが貯まりやすくなります。

また、還元率が高いカードだったら、数千ポイント貯まりますから非常にお得になる。

 

  • 支払用紙をコンビニに行って払わなくていい
  • クレジットカードのポイントが貯まりやすくなる

この2つのメリットを同時に受けられるので、一石二鳥ですね。

 

クレジットカード払い以外の方法

無理してカード払いにしなくてもよい方法は一応ある。

 

一番有名なのが「nanaco

あとは最近登場した「LINE Pay」、「PayPay

 

これらを利用すれば、公共料金を支払うことができるそうです。

しかもポイントも付くので、お得でもある。

でもこれも全ての支払いに対応しているわけではない

(一部の電気会社がダメとか税金が払えないとか)

 

まとめ

公共料金のクレジットカードの切り替えはめんどくさい理由

  • 手続きをして反映されるまで時間がかかる
  • 会社(支払い先)によって、手続き方法が違う

 

クレジットカードで払うメリット

  • 支払用紙をコンビニに行って払わなくていい
  • クレジットカードのポイントが貯まりやすくなる

 

やはり利用する前にそのサービスやカードがどのような支払いに対応する・しないを確認した方がよいですね。

 

僕も最近、メインカードを変更しまして、この手続きや申し込みが終わったところなんです。いやー、実にめんどくさかった。

 

全てまとめてやろうとすると、めんどくせー!ってことになるので。気を付けましょう。

 

それでは、以上!